あなたの知らない3つのカバのこと

カバは私たちのお気に入りのスパークリングワインのひとつであり、昨年およそ2億5千万本が消費されました。このスペイン産の高品質なワインへの渇望はまだ衰える気配はありません 。

カバはスパークリングワインとして非常に価値があり、どんな機会でも輝かせることを私たちは知っていますが、それはただ飲みやすいだけのスパークリングワインではありません。そこで、カバについて皆さんが知りたいと思われるいくつかのことを集めました。

全ては名前にあります

1 カバの名前は、スペインのナンバーワインのスパークリングワインが澱と共に熟成されている、地下にあるワインの熟成庫を意味するスペイン語に由来しています。「カバ」はスペイン語で「地下貯蔵庫」を意味し、その名前はそのワインに自身の原産地呼称を与えるため、そして、スペインでは「チャンパン(champán)として知られるフランスのシャンパーニュと区別するために現地の生産者たちによって選ばれました。

美しく熟成する

2 カバは、他の高品質なスパークリングワインと同様に、法的に熟成のパラメーターが定義されています。カバは、伝統的な方法によって生産された場合にのみカバと呼ばれます。この澱の上での熟成と瓶内二次発酵がワインに特別な味と個性を与えます。

カバ原産地呼称統制委員会は、ペネデス地方にあるすべてのスパークリングワインの生産者に、年数非表示ワインは最低9カ月、レゼルバ・ワインは最低15カ月、グラン・レゼルバ・ワインは最低30カ月の熟成をすることを規定しています。

場所、場所、場所

3 新しいカバ・デ・パラヘは、特定のエリアからのみ生産される最高品質のカバであることを意味します。最高のカバを造るためには土壌、気候そして単一畑の位置が最も重要です。

この新しいプレミアムな等級は2018年から開始されたばかりです。この最高級のカバを造ることを希望する生産者たちは、その等級を確保するために数多くの難しい課題を遂行しなくてはなりません。

詳しくはこちらへ http://www.docava.es